花粉症対策フローラルブレンドレシピ

by

日本ではこの時期には既に花粉症の時期ではないかと思いますが、ニューヨークはどちらかと言えば都会ということもあり、日本のスギ花粉のように爆発的な被害はなくとも、花粉の時期が細く長く続くような気がします。先日ママ友とプレーデートした際に、突然くしゃみ3連発をしていて、話によるとシーズナルアラジー、つまりは花粉症だとのこと。毎年4月から6月くらいまでずっとひどいのだそうです。たまたま持っていたのがペパーミントでしたので、1滴手に垂らして香りを吸入してもらうとかなりお気に召した様子でした^^ もともとミントの香が好きなのだとかで、飴(ペパーミントキャンディー)の匂いがすると言っていました。

花粉症といえばペパーミント。定番のように毎年毎年紹介してきましたが、そろそろミントやユーカリ以外で効果があるものも知りたいですよね。実はミントやユーカリ以外でも、たくさんの精油が花粉症などのアレルギーに効果があります。ペパーミントのメンソールや、ユーカリの1,8シネオールは、鼻のつまりなどの既に出ている症状に主に効果が期待できるのに対し、今日ご紹介するのは、即効性はなくとも抗炎症作用が強く、予防という面で花粉症にも役に立ちます。

もともとは、リラクゼーションに使うためのブレンドとして考えていた時のレシピなのですが、これでアロマバスをしたところ、鼻詰まりもすっと消えたことで、そういえばアレルギーにも効果があるな、なんて思いました。ラベンダーやローマンカモミールは小さなお子さんがいる方にはぜひ持っていたい精油です。ローマンカモミールのりんごのような香は思わず口にしてしまいたくなるほど。どんなときでも癒されるリラクゼーション効果の他、抗炎症作用にも優れ、比較的マイルドな精油で知らています。ラベンダーも同じ抗炎症作用に優れ、ローマンカモミールよりもお手頃なのも魅力です。抗菌作用も持ち、アロマセラピーでは定番の精油ですね。

ぜひ、ペパーミントやユーカリの花粉症ブレンドに飽きたときにぜひ試してほしい、リラクゼーションと抗炎症作用を兼ねたフローラル調のブレンドオイルです。

・スイートオレンジ…50%
・ラベンダー…25%
・ローマンカモミール…15%
・イランイラン…10%

空きボトルにこれらの割合でブレンドします。ディフューズしても良いですし、私はお部屋のスプレーに使う事も好きです。ロールオンボトルに入れてミニ香水として携帯しても良いかと思います。花系のブレンドがほしいときはぜひやってみてくださいね♪

You may also like