アロマ界の男性の存在に対して思うこと

by

こんにちは!Earth Giftです。今日は朝は寒くて雨がちらついていましたが、午後から晴れてとても暖かくなりました。最近は雨も多くて、お家にこもりきりの日も続いていましたが、それはそれで仕事に集中できて良かったなと。 息子もどちらかといえばインドアっ子なので、家で一日中飽きずに彼の開発した遊びに集中する姿は、親の私でもちょっと凄いなと関心してしまいます^^;

さて、今日はこれと言ってブログにするほどでもなかったのですが、何となく思ったことを書いてみたいと思います。先日、ロバートティスランド氏が70歳間近でご結婚された記事を書いたと思います。純粋に素敵だな♪ と思いますし、このような年齢でも、またご結婚できるというのは誰でも憧れに思いますよね。ティスランド氏は特にアロマ界では有名ですし、おそらくですがアロマ界の女性に恋愛的にも人気の高い方だったのではないかと思います。ハナさんがどのようにティスランド氏を射止めたのか、ちょっと気になるところです^^

皆さんがご存知の通り、アロマ界は女性の世界といっても過言ではないほど、女性が多い世界です。そんな中、男性の存在というのは一際目立つことが多いですね。男性社会に少数の女性が混じる事とはまた違ったドラマがあったりします^^ 今では少しずつ男性のセラピストやプラクティショナーが増えてきましたが、日本でもそうでしょうが、アメリカでは未だに圧倒的に女性が割合を占めています。Facebookなどを見ても、非常に経験が豊富で、アロマセラピーを熟知している知的な女性講師はとても多いですし、精油のプラクティショナーに関しても断然女性が多いのに、なぜなのかアロマ界で名の知れた人の男女比率は男性が高くなります。これは料理人の世界にちょっと似ているなとも思います。普段お料理するのは圧倒的に女性のほうが多いと思うのですが、コックさんって男性がものすごく多いですよね。

アロマ界に関して考えてみたのですが、おそらく男性は女性とは違った視点があり、そしてビジネス心が強く、ウェブ力だったり、宣伝力といった面で女性より優れているように思います。もちろん、女性にもウェブが得意なビジネスマインドの高い方はいます。ですが男性の場合、それでいて、アロマの知識も持ち合わせていれば、その物珍しさとカリスマ性というのでしょうか。多くの女性のファンがつき、名が知られやすく、女性講師と比べてヒーロー的な存在になりやすいのは事実です。当然、高い知識を持っておられるというだけでも素晴らしく、尊敬される事なのですが、それがもし女性ならここまで崇拝されるだろうか、と思うこともあるんですよね^^;

例えば、アロマ界の化学者、ロバートパパス氏は私の尊敬するアロマ界の講師の一人なのですが、他にもたくさんの熟練した女性アロマケミスト、講師がいます。にも拘わらず、私が最初に知ったアロマケミストはパパス氏でした。当然、彼独自の知識や経験もありますし、彼は以前ドテラ社とも仕事をしていたので、それでより有名になってはいますが、それは他の女性アロマケミストたちにも同じことが言えます。彼女たち独自の経験や知識も素晴らしいですし、アロマセラピーカンファレンスにスピーカーとして出席していたりするので、彼女たちも知られた存在ではあります。それなのに、彼がずば抜けて人気になるというのは、やはり女性の世界での男性の存在はかなりインパクトがあるのだと思います。

更に、私の個人的な話なのですが、私は以前パパス氏の作ったFacebookのクローズドグループで軽い嫌がらせにも遭っています。 私がパパス氏の作った精油を購入し、それでブレンドを作製したことをグループ内に投稿すると、数人のメンバーから ”私これ嫌いだわ。” ”これ作ってみたけどしくじったわ~” といった嫌味をコメントされたことがあります。嫌がらせに黙っちゃいられない性格故に、その彼女たちにはプライベートメッセージで個別に叱責させていただきましたが、後々、彼女たちのFacebookを見てみると、本当にパパス氏の大ファンだったのです。なんと言うのでしょう、恋愛に近い感覚というのか、例えばの話ジャニーズに憧れる女性の感覚というのか、”あなたは私にとって偉大なヒーローよ!”といったコメントも目の当たりにし、彼女たちのその情熱に感心したことがありました。

と、ちょっと個人的な話をしましたが、これを見ても分かる通り、男性が有名になりやすいのは心理学的な要素もあるのではないでしょうか。何かをするときに、女性同士だと嫉妬やライバル意識などが発生しやすいことがあるのですが、それが女男だとそういったことがなくて、うまくいくこともあります。以前、ドテラのビジネス講習を受けた際に、男性をラインに入れよう!といったことを言われたことがありました。その理由には、もちろん男性のビジネスマインド力が必要ということもありますが、おそらく男性の存在が場をうまくまとめてくれることもあるのでは、と思います。

パパス氏だけでなく、今回ご結婚されたティスランド氏、ドテラ社のDr.Hillも、アロマ界では超有名で女性陣に尊敬され、愛された研究者たちです。事実、ドテラのローカルなコンベンションなどにDr.Hillが出席すると、イベント後に必ず彼前には長蛇の列ができて、その列に並ぶのはほとんどが女性です。という私も毎回並んでいます。笑  彼らは決して若くイケメンではないですし、ティスランド氏なんてもうおじいちゃんの年齢ですよね。それでもここまでの人気を誇るのは、男性の世界では女性に対して見た目重視な事が多いのに対して、女性の世界では見た目よりも条件、というのでしょうか、その人の持っているものを見るのかなと思いました。

ということで、男性の方、アロマセラピーや精油ビジネスが盛んな今、ぜひアロマを始めてはいかがですか?アロマで健康になれるだけでなく、アロマ女子たちにモテる機会も作れてしまいますよ♪ ドテラのビジネスを始めたい方、ぜひ私たちのチームにいらしてくださいね^^ メンバー登録はこちらからどうぞ。

 

You may also like