スペアミントレモネード

by

だいぶ夏日になってきましたね。ニューヨークではこの時期になると、市内のあちこちでグリーンマーケットが始まります。場所によっては年中行われているところもありますが、やはり並ぶものの種類は寒い時期とは比べ物になりません。この時期限定の、オーガニックや減農薬の野菜や果物から、花やフレッシュハーブたちが並びはじめ、どれもかわいくてほしくなってしまいます^^

グリーンマーケットの野菜や果物は、普通のグロッサリーストアで売られるものとは味が違います。ストアでは、”オーガニック”として売られていても、野菜や果物、卵にしろ、何となく薬品の味がしたり、ワックスが塗られていたりします。栽培の時点では無農薬でも、おそらく出荷の段階で、消毒するなど、そういった手続きが必要なのかもしれません。グリーンマーケットは産地直送なので、例え減農薬でもグロッサリーストアで売られるもののような、薬品臭さもなければ、ワックスがきれいに塗られていたり、形が整ったものばかりが並ぶこともありません。むしろまだ泥や土がついたままだったり、形が歪なものまで、普通に売られているのです。ニューヨークでは、人によってはグリーンマーケットをあまりよく思わない人もたくさんいるようです。なぜなら、グリーンマーケットの野菜は、完全オーガニックでもなく、形も悪いのに、ストアで売られるオーガニック野菜よりも高い!ということのようです。ですが、グリーンマーケットでいつも買い物する人でそれを気にする人はいません。なぜなら、それが本来の自然な姿であることを知っているからなのですね。それに、グリーンマーケットとストアのにんじん1つ取って比べてみても、にんじんの香と味が強いのは、断然グリーンマーケットの方なのですから!

さて、先日行った時にならんでいたハーブは、バジルやカモミール、ディルやミント、ローズマリーにタイム、セージなどでした。カモミールもとても新鮮で迷ったのですが、先日作ったジンジャーエールのあとのレモンシロップがまだ余っていたので、ミントを買ってミントレモネードにしようと思いました。ただただ、レモネードにフレッシュミントを入れるだけでもおいしいのですが、ミントの精油で風味を付けしてもおいしいです。精油棚には、ペパーミントとスペアーミントがあるので、両方でやってみましたが、どちらもとても美味しかった~!どちらかと言えば、スペアミントのほうがミントの香りが強くてマイルドなのでおすすめです♪

レシピは簡単♪ 先日ご紹介したレモンシロップを用意します。一応レシピをこちらにも。

~レモンシロップ~
レモン… 3つ
はちみつ… 大さじ5
砂糖… 適量

レモンシロップはレモンを絞り、レモン汁とはちみつを入れてよく混ぜます。よく混ぜ合わせたら、砂糖で甘みの調節をします。シロップができたら、スムージー用などの大きめのグラス16OZくらいのもの(だいたい500ml弱)を用意します。ここにスペアミントの精油1滴垂らし、グラスの1/4の量のシロップを入れます。良くかき混ぜたら、氷を入れて、残りは冷た~いお水を注いで出来上がりです♪

ここにフレッシュミントを飾ってもきれいですし、炭酸水で割ればレモンスカッシュになります^^ 飲む直前に下にたまったシロップをかき混ぜてくださいね。スペアミントはガムにも使われるミントの香で、甘いミントの香りが楽しめます。ペパーミントはメンソールが強く、ちょっぴり苦みもあります。スーッとした感覚が欲しい方はペパーミントがおすすめです。この分量でもスースー感が強いので、鼻詰まりやアレルギーがある方はこちらが良いかもしれません。暑い夏を乗り切るエッセンシャルドリンク、ぜひ試してみてくださいね。

You may also like