ブレンドオイルの良さ

by

アロマセラピストの多くは、たくさんの種類のシングルオイルを揃えていることや、ブレンドすることそのものが楽しかったりするので、ほとんどブレンドオイルを買う機会は少ないかもしれません。そして、自分で作ったブレンドであれば、何の精油がどれくらい入っているのか、自分で把握できるので安心して使うことができます。私がドテラを始めた当初、ドテラ社では多くのブレンドオイルを出していることを聞かされましたが、その当時は、“なぜ最初から混ざっている必要があるのだろう、自分でブレンドすればいいのに。。” と思っていた記憶があります。

セラピストの中にはブレンドを専門にしている方もいるくらい、ブレンドはアロマ界では重要なスキルです。ブレンドについての講義や、ブレンドのみを詳しく説明している書物もたくさん出回っているほど。ブレンドするためには、精油の抽出部位や、化学成分、効能なども重要な要素だったりします。そして、個々の香の特徴である、ノートやファクターなどの知識もあった方が良いです。しかしブレンドするためには論理的には説明できない、感覚的な要素も重要で、やはりそれは長年の経験者でないと分からない部分もあるのですね。そのため、ブレンドオイルにはブレンドオイルの良さもあるのです。今日はそのブレンドオイルの良さについてお話ししようと思います。

1、初心者に優しい

特に、アロマセラピーの初心者の方や、そこまでアロマセラピーをそこまで学びたくはないけど精油を少し取り入れたい、というような方には、既に目的別にブレンドされているブレンドオイルはとても役に立ちます。例えば、胃腸に良い精油というと、ペパーミントが挙げられますが、ペパーミントだけでは、効果が十分でないこともあります。しかし、様々な胃腸の症状に特化して作られているブレンドオイルなら、消化不良や吐き気、二日酔い、膨満感、胃腸の冷えなど、ペパーミント1種類よりも、より効率よく効果が得られます。熟練したセラピストなら、ブレンドの仕方も身についていますし、ブレンドに必要なものは揃っているでしょうから、自分でブレンドオイルを作ることはすぐできるかもしれません。ですが初心者の方は、最初は精油の知識が追いつかないので、いざブレンドしようとしても、何をどう始めたら良いの?という状態になってしまいます。そんなとき、やはり既に作られているブレンドオイルなら、アロマの勉強をしていなくても、何を目的に使えるブレンドオイルなのかとか、使い方さえ知れば、すぐに使えますので便利なのです。

2、マイナーなシングルオイルを揃える必要がない

ブレンドオイルの中には、ブレンドされている精油を一つ一つ確認すると、あまり名前の聞かない精油や、あまり販売されていない精油がブレンドされていることもあります。それらの精油は、たいてい希少価値が高いとか、効果もあれど副作用も出やすいとか、その目的以外で使うことがないなど、揃えにくい条件があったりします。そういったマイナーな精油を知ると、買わずにはいられない私のような人は置いておき、普通の人なら、わざわざあまり使わない、扱いが大変な精油を買うことはしたくないですよね。例えば抗痙性が非常に優れているけど、一定量以上摂取すると発ガン性が高まるという、バジルのケモタイプ・メチルチャビコールは、優れた薬効を持つ反面、セラピストでもあまり使用しない方は多いです。ですが、筋肉の痙攣などに使えるブレンドオイルにはもってこいの精油ですので、既に作られているブレンドオイルに含まれていてもおかしくはありません。ブレンドオイルに使われる精油の1種として含まれているだけなら、ガイドラインに沿った使い方をしていれば、危険性の濃度をはるかに下回るでしょうし、このマイナーな精油について揃える必要も、詳しく知る必要もありません。

3、コスト削減になる

これは2つ目と通ずるところがありますが、いろいろな精油や器具を揃えて自分でブレンドする必要がないので、時間やお金の節約になります。特に、普段同じようなことにしか精油を使わないとか、特定の時期になるとこういう症状が出るので、そのときにだけ精油を使っている、なんて方は既に出来ているブレンドオイルがとても便利です。また、自分でブレンドオイルを作る場合、初心者の方に起こりうるのが、必ずしもブレンドがうまくいくとは限らないという欠点があります。これは、ブレンドした後に、香りがあまりにも合わずに使用が続かなかった、とか、間違えて他の精油を入れてしまい、その用途では使えなくなってしまったとか、そういった間違いのことです。もちろん、この間違いが次に生かせるので、セラピストを目指す方には良い経験になりますが、そうでなければお金を無駄にしてしまったとも感じる方もいるでしょう。そういった無駄を削減する意味でも、既存のブレンドオイルを使うことは便利だと言えます。

You may also like