ウェルネス界で人気のアロマの本

by

さて、今日はアロマ界、ウェルネス界で人気の書物をご紹介します。私が尊敬しているアロマ界のコーチ、エデュケーターの一人に、Dr. ジーリンスキー、通称Dr. Z がいます。彼の事は、過去の記事:アロマ界の著名人でも紹介しています。彼は2018年に精油に関する本を出版しており、それがアメリカのウェルネス界で大人気になった書物です。それがこちら。

The Healing Power of Essential Oils ~精油の治癒力~ と題された書物で、私も出版されてすぐに購入しました。実は彼、今ではアロマセラピーの資格を取得したせラピストではあるものの、数年前まではアロマ界ではプラクティショナーでした。ですが、ウェルネス界では2003年から活動をされており、ナチュラルリビングに関する、精油や食事学、サプリメント栄養学などの知識はもともと非常に高く、カイロプラクターとしてのキャリアも持つ方です。本格的にアロマ界で名が広まったのは2014年。彼の魅力は “どのブランドにも属さない、精油と食べ物を基盤としたサプリメント学” を教えていること。ちょうど、ドテラやヤングリビングが世間に広まった時期だったため、最初は“ヤングリビングやドテラなどのMLMビジネスを広めたいだけなのでは?” という噂が多く流れていましたが、その後、彼の教材や講義などにより、そうではないことが証明され、今ではウェルネス界だけでなく、アロマ界にも大人気のコーチなのです。

私が個人的に彼が好きな理由は、どのブランドの宣伝もしていないという以外にも、アロマ初心者にはもちろん、アロマの経験者にも、目から鱗な知識を持っていること。先ほども言ったように、彼はもともとウェルネス界での経験がある方です。どのように食事学や栄養学と、精油を結びつけるかを教えているので、精油をどのように、そしてなぜ日常生活に取り入れるべきなのかを、非常に分かりやすく、そして詳しく教えているところが魅力です。

本の内容は、正しくその具体的な精油の取り入れ方が書かれています。本の最初の方は、アロマセラピーの歴史や基礎知識から始まり、アロマを知っている方ならほとんど知っている内容が多いですが、初心者の方にはとても分かりやすく、そして、最も注意しなければならないことも、きちんと書かれています。そして、彼の性格が出ているのか、語り掛けているような言い方も、親近感があって私は好きだったりします^^ 私がこの本でとてもためになったと思うところは、彼自身の精油に対する体験談が書かれているところ。精油の体験談は人それぞれで、私も色々な講師から学んだことや、自身の体験があれど、それでもまだまだ知らなかった!なんてことがたくさんあります。そして、特定の症状、例えばガンジタやPMSについて、レシピだけでなくその説明も詳しく書いてあるので、病理学を詳しく学ばないアロマセラピストにとっては非常に有難い内容です。今回は食べ物への取り入れ方はありませんでしたが、日常生活、美容、体調不良になったときの精油の取り入れ方が、レシピと共に豊富に書かれてあります。ナチュラルリビングのアロマレシピに関しては、Aromaheadのアンドレアさんの得意分野であり、非常に素晴らしい知識をお持ちです。Dr.Zのこの本は、より特定の症状に関するウェルネス面での精油の取り入れ方が強いかと思います。

さて、そんな彼はアメリカではますます人気になっていますね^^ 先日のCBNニュースでも取り上げられ、“いったい何の騒ぎ?これが多くの人が精油を取り入れる理由” と題して、精油が人気になっている背景や、Dr.Zの活動を紹介していました。英語ですが、ぜひよろしければご覧ください。Dr. ZのCBNニュースの記事

You may also like