パパス氏のヨーロッパの旅

by

さて、今日はアロマ界の化学者、ロバートパパス氏の2018年ヨーロッパの旅がとても面白かったので、こちらでも少しご紹介しようかと思います。彼は確か去年も一昨年も、夏ごろもヨーロッパに行っていたように思います。ドテラ社のクルーたちと、ブルガリアのメリッサ、ラベンダー畑に行っていたのは2016年でしたよね?? で、今年は彼一人でなのか、私は全く聞いたことない地域を、芳香植物巡りの旅を楽しんでいた様子がFacebookで紹介されていました。 羨ましいですね!私ものんびりハーブやアロマの発見しに海外を色々と旅してみたいです。

彼の旅行は5月の半ばごろからスタートした模様。数か月にわたる旅行で、私も夏場はPCから遠のいていたので、帰ってきてから全て見てみたのですが、とても素敵な写真がたくさん載っていて、パパス氏もとても楽しんでいた様子が分かります。彼の旅行プランはこんな感じです:

最初はマルタ共和国でCBDビジネス(カナビスビジネス)の様子を探りに、そしてフランスのニースではThe World Perfumery Congress(世界香水議会?)に参加して今後の香水業界と精油の在り方を視察しに、その後はパリでクライアインとのミーティングがてら旅行。その後イングランドで別のクライアントと落ち合い、機会があれば蒸留所見学に行き、そこからスペインへ。そこでは蒸留所や農園に訪れ、最後はギリシャの観光客には知られざる島へ行く!という超多忙でありがなら、アロマ好きには聞いてるだけでワクワクするような旅行プランですよね^^

ヨーロッパのアロマと言えばラベンダーを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。私もその一人です。今回パパス氏が旅行したのはヨーロッパの南西部というのでしょうか。地中海性気候で育ちやすいラベンダーやヘリクリサム、ローズマリーなどが多いですね。あとは柑橘系も育ちやすいです。彼のFacebookには、各地の街の様子や景色が載せられていて、どれも本当にきれいで、見てるだけで行きたくなるようなものばかり。載っていたもの全てここで紹介したいくらいなのですが、一応アロマブログなのでアロマに関するものだけピックアップしました。

トップは真っ青な海とそこに建つ歴史ある建築物が印象的なマルタ。ここではCBDビジネスを視察しに行ったそうですが、ここでオレンジの農園に立ち寄った様子。おいしそうなオレンジと香りを楽しむ様子が載せられていました。柑橘と言えば、アロマ界ではイタリアのレモンが有名ですね。そして、マルタには自然にタイムやヘリクリサム、フェンネルも咲いているのだとか。タイムはとてもきれいな紫の花を咲かせている様子が載っていました。土壌はやはり乾燥して、ところどころ小さな地割れも見える、あまり栄養なんてなさそうな地面です。こういった植物たちは、自分たちで栄養分を作り、たくましく成長しているのが分かりますね。そういえば、今年私がロサンゼルスのパロスバーデスに旅行した時も、同じような乾燥した海辺の土壌にフェンネルがもりもり咲いていたのを思い出しました。

これはフェンネルは写ってないですが、パロスバーデスの海辺の様子。とても乾燥してるのが分かりますね。写真で見るマルタもこんな感じです。

お次はフランス、ニースのカンファレンスの写真では、オークウッドの木から取れたCO2エクストラクトが載せられていました。オークはドングリの木ですね。写真じゃ香りが分からないのが残念!ローズの蒸留の様子の動画も載せてありましたが、場所はどこか分かりません。。

次のアロマの旅はスペインのグアダラハラ。ここではヘリクリサムとラベンダー畑に行ったようです。写真を見る限り、ラベンダーは満開っていう感じではなく。スペインでは更にサイプレスの蒸留に立ち会っている様子もありました。これが私の中で最も印象的だったのですが、そこの蒸留所では、サイプレスを初日2時間蒸留し、それをそのまま放置し、2日目に更に2時間蒸留する。そうすることで、1日目に0.8%の抽出量に、2日目に0.5%の抽出ができるそうです。これを1日目に4時間蒸留しても、同じ0.8%の抽出量しか得られないのだとか。面白いですよね。

そして、その秘密の島というギリシャのZakynthos(ザキントス)諸島では、ローズマリー ct ベルべノンが咲いているのだとか。ケモタイプベルべノンは精神的なリラクゼーション効果が高いですね。なんと言っても、このザキントス諸島の海が本当に本当にきれいで見とれてしまうほど!死ぬまで一度、ヨーロッパには行ってみたいです^^

さて、お次の写真はなんともきれいなラベンダー畑!これはその前に行ったスペインのグアダラハラのラベンダー畑だそうで、一度目行ってあまり咲いていなかったので、再度訪れたときの写真のよう。話によると、このラベンダー畑はヨーロッパで最も大きなラベンダー畑だそうで、確かに、地平線が見えるほど広いラベンダー畑♪ 素敵ですね。

と、Facebookで載せられているのはここまでになっていますが、実際に行けば感動も100倍でしょうね。私が今住んでいるエリアは、ニューヨーク市内でも外れの方で、小さなギリシャタウンからほど近いところです。ですので、近所にはギリシャカフェやハーブティーのカフェもちらほらあるんですよ。ヨーロッパにはそう簡単に行けませんが、近所でちょっとしたヨーロッパ気分を味わっている日々です^^  ぜひご紹介したパパス氏の旅は、パパス氏のFacebookで紹介されていますので、写真を見てみてくださいね。

You may also like