今年の秋のGo-Toオイル

by

日に日に冬に近づくNYです。さて、ついに待ちに待ったドテラ社の新精油、マグノリアのタッチバージョンとターメリックが届きました♪ とても楽しみにしていたので、届いたときのはしゃぎ方に興味を持ったのか、息子もどうしたのー?と一緒に香りを試すことに。まずはマグノリア。キャップを空けたときから、ふんわりフローラル。これは久々にすごいのが来た!直感的にそう思いました。 そして実際に試してみると… 本当にすごい!!これは男性も香りだけでノックアウトだわ。それくらい上品で優しいフルーティーフローラル調の香。イランイランやジャズミンともまた違う、明るいフローラル調の香で、クラリセージに近い香りです。でも、ジャズミンと並ぶ高級さ。当たりの時のクラリセージの香のワンランク上の上品な香り、と表現しましょうか。(余計に分かりにくくなってしまったらすみません。。)そんな幸福な気分に包まれてる中、息子が発した感想。 “わー!ハイチューの匂い!!” 一気に現実に引き戻された感。“はいちゅーだと!?全然違うってば” と思いながらも、お次にターメリック。ターメリックはお料理にもよく使われるウコン。他のブランドを嗅いだことがあったので、既に知っている香でしたが、やはりお料理に使うパウダーハーブよりも強い香。癒される香ではないです。ジンジャーと同じショウガ科と言えど、ジンジャーよりも深みのある、ちょっぴり焦げたようなスパイス系の香です。カルダモンやフェンネルなんかとブレンドして、消化不良のときに使えそうですね。息子も興味津々で、嗅いでみるというので嗅がせると、なにやら青汁でも飲ませたような顔で “うわ!くせー!このエッセンシャルオイルおかしい!臭いよ!”と逃げていきました。ターメリックの香がよほどショックだったのか、あれから全く近寄っても来ず。おかげでブログの更新が捗っているのですが、お子さんには強い香りですので、ディフューズするときは他の柑橘系の精油などとブレンドして、ほんの少しだけディフューズするようにしてくださいね。

さて、前置きが長くなりましたが、今日は私の今年の秋にピックアップした3つのGo-Toオイルをご紹介します。秋になると衣替えの季節ですね。冬に向けて徐々に寒くなり、肌も乾燥してきます。今年は衣替えの際に夏服を仕舞うのに使用した虫よけオイルと、頭皮の乾燥に使用したオイル、そして、風邪の予防に、いつも飲んでいるスープに1滴たらすだけの簡単風邪対策オイルをご紹介します。

●メイチャン(Litsea cubeba)

これは以前のブログでも紹介しましたが、ドテラ社のプロモーションで手に入れた、レモニーな香りが特徴の種(実)から抽出される精油です。メイチャンはレモングラスやシトロネラ以上のシトラールの含有量で、虫よけ効果にとても優れています。昨年の衣替えは、虫よけにティーツリーを使用したのですが、今年はせっかくメイチャンが手に入ったので、メイチャンとパチュリを合わせて、コットンにたっぷりしみこませて、防虫剤の代わりに使用しました。メイチャン80%、パチュリ20%のブレンドオイルを使いました。ブレンドをコットンに染み込ませたら、ポプリ用の可愛いミニバッグに入れて、夏服の間に入れておしまいです^^ とても簡単ですよね。器用な方は、毛糸などで毛糸のボールを作って、それに精油を染み込ませている方もいるようです。こちらがミニバッグです。ちょっとしたギフトにも使えるので、あると何かと便利です。

●クラリセージ  (Salvia sclarea)

冒頭でマグノリアをご紹介する際に、クラリセージがちらっと出てきていますが、クラリセージの香は、当たり外れがあると思います。人によって、好き嫌いは変わりますので、一概には言えないのですが、私はクラリセージのフローラルな香りが強いものが好きです。ですが、抽出時期なのか、その年のクラリセージの質の違いなのか、緑臭いクラリセージに当たったこともあります。おそらく、あそこまで香りが違えば成分分析でも違いが出てきそうなのですが、基本的には、ラベンダーの精油同様、リナロールと酢酸リナリルが主成分の精油です。ですので、抗炎症作用もありますし、刺激性もない精油なのでおすすめです。他の精油でも代用はできるのですは、私がアロマ資格コースを取った時に紹介されていた、頭皮ケアのレシピにクラリセージが入っていたこともあり、10月になると毎年頭皮が乾燥してくるので、いつもその際にはクラリセージを使っています。頭皮には、2~3%濃度で使用します。ホホバオイルや分別蒸留ココナッツオイルで希釈して、頭皮のマッサージをします。頭皮の乾燥で悩んでいる方、ぜひお試しください。

●ジンジャー(Zingiber officinale)

夏のGo-toオイルにも出てきたジンジャーですが、秋になっても変わらず愛用している精油です。先日、息子が風邪を引いたときにも使用しています。ジンジャーはもともと扁桃炎に期待できると言われている精油です。季節の変わり目には、多くの方が空気の乾燥でのどを痛める方が多いです。私もその一人です^^; そんなとき、ジンジャーの精油をディフューズしたり、いつも作るスープに1滴入れるだけでも効果があります。私は、この時期になるとかぼちゃが食べたくなるので、必ずほうとうを作ります。ほうとうには七味唐辛子が一般的なのですが、風邪の予防にジンジャーの精油を入れるときは、ごま油やラー油と一緒に入れて食べます。ちょっと変わったほうとうの楽しみ方ですが、とても美味しいです♪ ジンジャーをディフューズする際は、量が多いと咽ることもありますので、オレンジや他の精油とブレンドしたり、少ない量でディフューズすると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。ぜひ健康的な秋にアロマを取り入れてみてくださいね。

You may also like