スイートミントティー

by

先日、友人とモロッコ料理に行く機会がありました。モロッコは北アフリカの国ですが、地中海に面していることもあり、ヤギのチーズを使った料理など、ギリシャ料理と似ているなと思った次第です。私たちが行ったお店は、バッフェスタイルの、好きなものを好きな量だけ取って選ぶ料理と、普通に座ってメニューに載っている料理を頼むこともどちらでもできました。私は色んなものをちょっとずつ食べたい人なので、バッフェスタイルでオーダー。友人はメニューのものを頼んでいました。それがこちら。

写真で見るとそうでもなく見えますが、二人ともものすごい量の多さでした。味はシンプルで、あまり調味料など使わないで、素材の味を楽しむ感じです。なぜなのか店内は寒くて、ヒーターがないのかレストランにいた全員ジャケット着用。誰も何も言わないの?と思いながらも、料理を前に、自分も食べることに夢中になって寒さを忘れていました。このスープですが、ビーフの出汁のきいた豆スープ。とても温まって美味しかったです。二人とも食べきれずに持ち帰ったにも拘わらず、値段はたった12ドル!

そんなモロッコレストランですが、食事の最後に美味しいモロカンミントティーを出してくれます。調べると、このモロカンミントティーはモロッコレストランやカフェでは定番の飲み物のよう。それがこちら。

これがすっごく美味しいんですよ^^ いつも飲んでいるペパーミントティーよりも青臭さが少なくて、普通のお砂糖なんでしょうけど甘く味付けされています。温かくて、ほんのり甘いハーブティー。ペパーミントよりもスーっとした感じは少なく、どちらかと言えばスペアミントのような甘いミント系の香。そもそもミントティーを甘くして飲む発想がなかったので、今回初めて経験して感動でした♪ これは本当にお勧めです。

ということで、今日はいつものミントティーにお砂糖を入れて飲んでみました。フレッシュミントが手に入ったので、ミントの葉をお水から煮立てて、お砂糖を適量。青臭さがちょっと心配でしたが、お砂糖の甘さとちょうどよくブレンドされて美味しかったです。お砂糖は何でも良いですが、三温糖がおすすめです。お好みではちみつでも良いですが、ミントの味をシンプルに楽しむ意味でもお砂糖が良いかもしれません。

余談ですが、ミントの葉は急な温度差に晒されると、茶色く変色しやすいようで、お水から鍋に入れて煮出したミントはきれいな緑をしているのですが、カップに飾り用に入れたミントに煮出したミントティーをかけるとすぐに茶色いスポットができ始めます。夏場、日差しに日焼けしやすい繊細なハーブですので、納得ですね。ぜひティータイムに甘いミントティーもお試しください。

 

You may also like