手作りホリデーギフトとお勧め基材

by

あっという間にクリスマスですね!忙しさを言い訳に更新が滞ってしまいました。忙しいと言っても、まだまだ時間は作れたのですが、ここ最近あまり上手に時間を使えていないと思うこの頃です。2019年の課題がさっそく見つかりました^^ 昨日で息子の学校も終わり、しばらくお休みが続きます。私たちは、特にクリスマスに予定がある家族ではないのですが、何もしないのも可愛そうなので、せっかくなので近くのレストランにでも連れて行ってあげようかなと思います。アメリカでは、感謝祭以上に、クリスマスはご家族で過ごすイベントです。私のお友達も、皆さん家族旅行やご家族とお家でゆっくり時間を過ごすようです。

そんなクリスマス休暇ですが、多くの人がクリスマスギフトやカードを家族やお世話になった方々に贈るのが習慣です。子供の学校では、PTAで募金を集い、ホリデーカードとお花を贈ることになりました。色紙のように、クラス全員の生徒さんの親御さんがカードにメッセージを書くのですが、息子の学校では色々な人種の方がいて、“ありがとう”をご自分の言語で書いて、意味を説明している方もいました。ですので、私も日本語を少しだけ書くことに^^ 息子のクラスではないですが、うちの学校には日本生まれでアメリカ育ちの先生や、日本語を学んでいる先生もいるため、クラスの先生も日本語に興味を持ってくれます。時々、日本人の教育実習生も学校内を見学しに来るそうで、息子はそのたびに日本語で話しかけてもらえるといって喜んでいました。

さて、余談で長くなってしまうので本題へと移りますが、ということで、学校の先生方へのギフトは大丈夫になりましたが、私が特別親しくしている方へ贈った手作りクラフトの作り方、基材などを今日はご紹介したいと思います。

~2018 アロマホリデーギフト~
●リップバーム
●ルームスプレー
●アロマ香水

本当は他にもいろいろ作りたくて、当初は5種類くらいを考えていたのですが、渡さなければならない日が急遽早まってしまい、今年は3種類になりました。やはりクリスマスなので、クリスマスブレンドオイルを使うクラフトは1つは取り入れたいと思いました。ですが、アロマ香水は人に使うものですので、クリスマスブレンドはクリスマスツリーやオーナメントなどの、物に対して使う香かなと思ったので、ルームスプレーに使いました。ルームスプレーの作り方はとても簡単です。ご自身で使うものであれば、単純にお水と精油を混ぜて、使用毎よく振ってルームスプレーとして使っても良いのですが、今回は贈り物なので、少しだけグレードを上げるために、ちょっとした乳化剤や防腐剤の代わりとしてアロエジェルを使用しました。アロエジェルに精油を混ぜて、良く混ざったらお水を入れて良く混ぜ、スプレーボトルに入れれば出来上がり☆ 本当に簡単ですのでお勧めです。今回使った材料はこちら。

アロエジェルは天然、オーガニックなど色々書かれているものがありますが、今回の用途で使う場合は、必ずこの固めのジェルタイプのアロエジェルをお使いください。(アロエジェルの違いについてはこちらの記事をどうぞ。)
 

保存容器ですが、今回は2オンス(60ml)のボトルを使いました。スプレータイプを選んでくださいね。色は透明のものもありますが、作る液体が乳化剤が入って色が濁っているので、こちらの色付きボトルが良いかと思います。私はいつもアマゾンで保存容器を買う際は、下のVivaplexのブランドをよく購入していています。これまで問題なく使えているのですが、たまに悪いレビューがあるので、気になる方は左側の少し高めですが、購入数やレビューの良いほうをお試しください。

 

 

リップバームの基材は、シアバター、蜜蝋、そしてリップバームと言えば定番のキャスターオイルを使いました。ちなみに今回使用した精油は、スペアミントとタンジェリン。リップバームで使用する精油は、論理的には何でも良いのですが、私はいつも香重視で、“口に入れてもおいしいもの” を選ぶことをお勧めしています♪ リップバーム作りの大変なところは、小さいので細々した作業になるので、慎重になる部分が必要なこと。リップスティック状にしたい場合は、倒さないように慎重に、そして必ず50mlのビーカーを使用することをお勧めします。もし、ティンタイプの平たい保存容器を使用する場合は、大きめのビーカーでも大丈夫です。

基材はこちら。シアバターは未精製(Unrifined)のものなら何でも良いです。この2種類が今まで使用したことがあるもの。どちらもほぼ同じです^^; ただし、このアフリカンシアバターはお手頃で良いのですが、ハズレに当たると酸化しているような古いものが送られてきたことがあるので注意です。右側のものはきちんと密閉仕様になっているので、ちょっと高めですが安心です。もしもこちらの16オンス(1パウンド)では多い場合は、半分の8オンスサイズもあるので、そちらをお選びください。

 

蜜蝋には精製されたものや、フィルターされたもの、全くの未精製のものがあります。本当なら未精製で手の加えていない蜜蝋の方が蜜蝋の効能的には良いのですが、リップ作りの場合、色合いなどの見栄えを気にするかと思いますので、精製されたものか、少なくともフィルターされたものがおすすめです。私は今回この小球状のものを使いましたが、バー状のものもレビューが高いようなので載せておきます。バーの方はきちんとラップすれば酸化しにくいのでお勧めです。

 

キャスターオイルは粘性の高いキャリアオイルですね。これはリップ作りには絶対使いたい基材です。私はいつもMountain Rose Herb社キャリアオイルを使うことが多いのですが、アマゾンで購入するときはMolivera社のオイルも時々使いますが、とても良いです。こちら右側のオーガニックのキャスターオイルはレビューがとても良いので載せておきます^^ まつ毛のケアや、ドライアイの方の瞼のケアにも使用できますので、リップ作りで余っても日常のケアでもお使いいただけます。
 

保存容器はこちらのリップスティック状のものです。2つ載せていますが、私が買ったのは左側の50個入りのもの。ただ50個は個人使用には多いので、12個入りもありましたので一緒に載せておきます。スティック状のものに飽きたら、ティンタイプの平たい入れ物も可愛いのでお勧めです。一応、リップ作りには欠かせない50mlのビーカーも載せておきます^^

 

今回香水にしたのはフローラル系のイランイランをベースにしたブレンド♪ とってもお勧めなので、レシピは今度改めてご紹介しますね^^ 香水作りの保存容器はクリアなロールオンボトルが何よりもお勧め。スプレータイプの保存容器もありますが、私が作ったように中にドライハーブを入れる場合、破片が詰まって出なくなってしまったり、色付きボトルではビジュアルが楽しめないので、ここはクリアなロールオンボトル一択です。作り方も簡単で、保存容器にお好きなドライハーブを入れて、ちょっとした防腐剤の代わりにルービングアルコールを、ドライハーブにかけながら20滴(1ml)ほど入れます。日本の方なら、無水エタノールで代用ができます。そして、お好きな精油やブレンドオイルを5~10%分入れて、残りは分別蒸留ココナッツオイルを入れれば出来上がりです☆

私はこのVivaplex社のロールオンボトルをずっとリピしていますが、問題なく、とても使い勝手が良いのでお勧めです。他にお勧めな理由として、使い捨てスポイトがコンプリメンタリーで入っていること。自分でブレンドオイルを作って入れたい場合は、スポイトは必需品です。ルービングアルコールは別名アイソプロピルアルコールとも言われます。90%以上のものがおすすめです。アルコールを入れる際も必ずスポイトを使いますので、使い捨てタイプのスポイトは必ず用意しましょう。分別蒸留ココナッツオイルはどこの会社でも良いです。私はたくさん使うので、こちらの32オンスのものを買っていますが、あまり使わない方は、16オンスのものが良いかと思います。最後に一応、使い捨てスポイトも載せておきますね。

    

いかがでしたでしょうか?クラフトが初めての方は、以前手作りアロマクラフトのお勧め道具について書いていますので、こちらも合わせてご覧ください。手作りアロマクラフトをお作りの際に参考になれば嬉しいです♪

You may also like