国際女性デー

by

久々の更新になってしまいました!最近忙しくてアロマから離れていたこともあり、ブログもおろそかになってしまいましたが、バレンタインズデーに久しぶりにアロマを取り入れて、やっぱり香は癒されるなぁ^^と再確認していた次第です。ロバートティスランド氏が今月末に来日することや、最近買ったクラリセージの話とか、お客様から頂いた素敵なアロマのお話とか、色々ブログで話したいことがあるのですが、あれもこれもやろうとすると結局何一つ進んでない!という状況になっていて反省しています。。ティスランド氏の来日の件はもう既にチケットが完売してしまいましたので、今更既に遅し状態ですが一応ご紹介しますと、今月22日に東京新宿区で講演を行うそうです。ティスランド氏の奥様、Hanaさんに昨日問い合わせたところ、既にチケットは販売開始から5日で完売されたそうで、ただ、キャンセルなどがあるかもしれないので、フレグランスジャーナル社に問い合わせてみてください、との返事をいただいております。ですが、、フレグランスジャーナル社さんのサイトでは既に受付終了になっておりますね。今回は久々の来日ですので、完売が早かったのも仕方がないですね。

さて、今日は国際女性の日(International Women’s Day。以下IWD)といって、アメリカでは街中で騒がれていますね。日本でも話題になっているでしょうか。という自分はこれまであまり意識していなかったのですが、先週ロクシタンのお店にお邪魔した時にIWDのプロモーションを行っていたことで知りました。もともと、1904年3月8日にアメリカニューヨークで、女性の参政権を求めるデモが起こり、それがきっかけに毎年この日はIWDとして知られるようになったのだとか。長いことニューヨークにいるのに今更その歴史を知った私です^^;  ロクシタンはフランス発、日本でも知られるナチュラルコスメのお店ですね。私は自分にはあまり買わないのですが、贈り物やアロマクラフトのアイディアを得るために時々ロクシタンを利用しています。

今回はたまたまふらっと入っただけでしたが、店頭にとても可愛いリップバームが置いてあったので店員さんに聞いてみると、IWDのプロモーションで、期間限定で販売していると仰っておりました。今回ロクシタン独自で、アフリカ西部の独立国、ブルキナファソの女性の教育やリーダシップをサポートするために立ち上げられたプロモーションで、売り上げは全て寄付されるのだそうです。容器の見た目がとてもかわいくて、それが目的で買ってしまいたくなります^^ 見たい方はこちらをどうぞ。香を嗅いでみるとネロリの素敵な香りが♪ 原料は、やはりアフリカンシアバターを使用したもので、あとは蜜蝋、他にも調整剤は入っていましたが、自分でも作れちゃいそうなシンプルなものでした。

ということで、今日はネロリのリップバームのレシピをご紹介して終わりたいと思います。

リップ2本分
●シアバター 5g
●蜜蝋 2.5g
●キャスターオイル 7g
●ネロリの精油 4滴(2滴ずつ)

私はいつもこの分量で作っていますが、とても滑らかでちょうど良いです。夏場は高温になると溶けやすいので、蜜蝋を3gにしてみてください。容器はリップの容器2本分ですが、ティンタイプの入れ物に入れても可愛いです。ぜひ機会があれば作ってみてくださいね。

You may also like