ラベンダーレモネード

by

(Earth Gift Aromaウェブサイトのブログより。2017年夏の投稿です)

私にとって、毎年恒例イベントにもなっている夏のラベンダー畑訪問ですが、今年もとてもきれいに咲いていました。このラベンダー畑訪問については、はてなブログさんで載せていますので、良かったら見てみてくださいね。このラベンダー畑では、そこで採れたラベンダーを使ったローションや精油、ポプリやハイドロソル、軟膏、石鹸などが売られるギフトショップがあります。今年は、その横で自家製のラベンダーレモネードの試飲ができたのですが、これがものすごく美味しかった!綺麗なピンク色にほんのり紫がかった、香も色合いもとても素敵なレモネードでした♪

ラベンダーティーを試したことがない方は、ラベンダー味の飲み物っていったいどんな味なんだろう。。と不思議に思うかと思いますが、ラベンダーレモネードは、ほんのりフローラル風味がレモンの酸味とよく調和されています。ラベンダーとハイビスカスのドライハーブのハーブティーもとても相性が良くて、ラベンダーは酸味によく合うハーブかと思います。アイスティーでも合うので、夏にはぜひ使いたいハーブですね。

さて、今日のレシピはこのラベンダーレモネードをお家で再現したところ、とっても美味しかったのでぜひシェアしたいと思います。

・レモン大…2つ
・濃く煮出したラベンダーティー…100ml
・はちみつ
・砂糖
・氷
・レモンの精油 (オプショナル)

レモンは大きくて新鮮なプリップリの果実のものがベストです。小さいレモンなら3つくらいあってもいいかもしれません。レモンの果汁を絞り、乾燥ラベンダーハーブで濃い目に煮出したラベンダーティーを作ります。だいたい大きなレモン1つ分の果汁に対して50mlのラベンダーティーの割合でちょうど良かったです。 果汁とラベンダーティーを混ぜ合わせたら、砂糖とはちみつで甘みをつけます。お好みで調節して下さいね。良く混ざったら原液をボトルに入れて冷蔵庫で冷やします。よく冷えたら、グラスいっぱいに氷を入れて、原液を注いで出来上がりです!もし、炭酸がお好きなら、氷を減らしてペリエなどの炭酸水を少し入れてみてくださいね。そうすると色も2層になってとても綺麗ですし夏にぴったりの炭酸ドリンクになりますよ。

余談ですが、私は自家製レモネードを作る際も、レモンの精油を入れています。通常レモネードはレモン汁に砂糖ですので、レモンの精油の成分である、皮の成分はほとんど含まれていませんよね。お水にレモンの精油を数滴垂らして飲むのも良いのですが、精油は水には溶けないので、いくらきちんと混ぜても人によっては口がひりひりしたり、ということもあります。レモネード作りの際、私はいつも砂糖だけでなくはちみつも入れるので、まず精油とはちみつをよく混ぜ合わせてからレモン汁と混ぜます。そうすることで多少混ざるので、出来上がったレモネードに精油を入れるよりも気持ち安心かなとも思います。ですのでこのレシピに精油を入れる場合も同様、はちみつを混ぜるときに1,2滴加えてみて下さいね。

You may also like