テラシールド

by

(Holistic Mom’s Aroma Lifeより)

今日は、先日ゴキブリが発生したことから、ドテラ社の虫除けブレンドオイル、テラシールドのお話です。テラシールドは日本ではテラアーマーというようですね。テラはドテラの名でお馴染み、ラテン語の大地や地球という意味ですが、シールドは防御するものという意味があります。もともと、ドテラ社が毎年蚊が発生する季節の初夏頃に、プロモーションを行うことが多く、蚊だけにしか効果がないのかと思われがちですが、そんなことはなく、蚊も含む忌避剤効果のある成分が多い精油たちがブレンドされています。

私がドテラ社に出会った当時2010年は、今とは違うブレンドで、確かゼラニウムとシトロネラ、シラントロなど他20種類以上、のような書き方で、不明な精油のほうが多かったと記憶しています。いつの頃か新しくなったのですが、そこまで香りは変わっているような印象はなく、先月久しぶりにテラシールドを使うと、そういえばドテラに出会った頃に嗅いだアロマのひとつだなぁ、なんて思い出しました^^ 香りはラムネのような、ですがもっとあまーい香りで、本当のところは私は苦手な香りだったりします。以前、まだ息子がお腹にいた頃、家の虫除け剤としてテラシールドを使ったのですが、妊娠前は平気だった香りが全く受け付けなくなり、それから数年たった今でも、好きな香りではないといた状態。ですが、もともと日本人向けの香りではないかな、という感じもします。

といいますのも、ドテラ社のブレンドの多くにはバニラビーンエクストラクトがブレンドされ、それが甘い香りの正体でして、バニラそのものは良いのですが、テラシールドは少し重いなぁというのが正直な感想。個人的に他のブレンドでも、これにバニラがブレンドされていない香りが試してみたかった、というものもあります。おそらく原因はロバートパパス氏にある気がしていて、彼の最新の万能ブレンドオイルにも、またもやバニラがブレンドされていましたし、ドテラ社のブレンド開発にも携わっていたところを見ると、きっとそうではないかなと勝手に思っていますが^^; さて香りはどうであれ、一番気になるのは効果があるかどうか。

テラシールドのブレンドは現在15種類になっており、全ては私も分かりませんが、イランイラン、シダーウッド、ヌッカ(木)、キャットニップ、レモンユーカリ、アーババイテ、メイチャン、アミリス、アフリカンサンダルウッド(ムヒュフ)、これにバニラビーンエクストラクト、タマヌオイル、分別蒸留ココナッツオイルがブレンドされています。キャリアオイルで薄めてあるので、安価で手に入れられるのも魅力です。

精油を簡単にご紹介しますが、まずはキャットニップ。これは1%希釈でも十分な蚊避け効果があります。キャットニップは葉から抽出されますが、香りはレモニーで、メリッサ系の香りです。同じレモニーな香りのレモンユーカリ、メイチャンも蚊避け効果で知られていますね。アーババイテ、シダーウッド、アフリカンサンダルウッドなど、全体的に木から抽出されるオイルは、虫除け効果があるものが多いです。

ヌッカの精油は学名がなかったのですが、おそらくCupressus nootkatensis。これはアラスカサイプレスとも呼ばれ木から抽出されます。忌避効果が非常に高い成分、ヌーケイトンと言う成分があり、これはベッドバグやシラミ、また死に至らしめることもあるマダニなどにも効果があるのだそう。

先日うちのキッチンの片付け忘れた猫のご飯に、小さなゴキさん(といっても2,3cm)がわさわさ出てきたのを機に、ちょくちょく見るようになったので、久しぶりにテラシールドの力を借りたわけです。カウンターや床の掃除にもスプレー。キッチン中がテラシールド臭がしましたが、その日の夜中に起きてみても全くいない!!さすが効き目は抜群でした。

ちなみに余談ですが、キャットニップは日本語でいう西洋マタタビ。さすが猫は希釈されていても、ブレンドされていても、キャットニップの香りが分かるようで、テラシールドで掃除した後の床をくんくん嗅いで回るのは、おそらくキャットニップの成分かと。

Cpher.jpg

ですが乾燥ハーブが一番効き目がありますね。こんな感じになります^^

Cipher1.jpg

You may also like