イギリス式とフランス式

by

アロマ界にいる方なら誰でも聞いたことのあるイギリス式、フランス式アロマセラピー。私がこのアロマセラピーの様式について聞いたのは、まだドテラの精油に出会うもっと前でした。たまたま書店に寄った際に、お手頃なアロマセラピーの本を手に取り、面白そうに思い購入したのが始まりです。今でも思い出にとってあるこの本ですが、この頃はまだ全くと言っていいほど、精油に興味がなく、まさかその後の人生にアロマがここまで影響するとは思っていませんでした^^;

この本には、本の内容がイギリス式アロマセラピーに基づいていること。フランス式では精油は飲む事もあるようだが、イギリス式では飲用は出来ない、という記述でした。その時はその国によってアロマオイルの使い方が違う、法律が違うのだろうと思っていました。そしてそれと当時に、アロマオイルを扱うには資格が要りそうだな、と思っていたと記憶しています。その当時私は、マッサージ学校の生徒でした。学校にはアロマセラピーのコースもあって、アロマの受講生がプロダクトを販売したりしているのを目の当たりにし、素人の自分には到底できないと感じていたからです。

しかし、その後ドテラを紹介され、アロマセラピーには国や州ごとで定められらたライセンスというものが存在しない事を知ります。マッサージ関連で知り合った友人の紹介でドテラに出会う事が出来たのですが、そこで言われたのが、精油を使う事に関して、世界中どこでも法律で制限、制定されていることはないというのです。その後、ドテラ会員の行う講義に参加したり、ブログで情報収集するうちに、イギリス式とはより美容よりのアロマセラピーで、精油の塗布使用が主で精油の薬効は求めない。フランス式は医療用途で使用し、飲む使い方が主流である。そして、何度か聞いたのがドイツ式というのもあり、これは芳香療法で、医療用途でディフューズすることが主流、ということでした。私がアロマセラピストとしてドテラの講義をしていた当初、私もイギリス式とフランス式、そしてドイツ式についてこのように紹介していました。そして、その後様々なところで、フランスでは内科医が精油を内服薬として処方することがある、という噂が広がったことをきっかけに、イギリスではただ美容として精油を使用しているが、フランスでは精油を薬として扱い、内服しているもの。イギリス式よりもフランス式のほうが効果のある使い方である、という認識が広がっていったように思います。

ですが徐々に、このイギリス式やフランス式の根拠はあるのか考えるようになりました。例えば、歴史的にはフランスで植物療法が発展したことや、イギリスでマルグリットモーリーがアロママッサージを始めたことが、フランス式やイギリス式の発祥に影響したことは分かっていますが、ではイギリスでは本当に精油を美容目的にばかり使っているのか、フランスでは皆が精油を薬のように内服ばかりしているのか、ドイツ式とは何なのか、どれが劣ってどれが優れているというのはあるのか、など自分でも調べてみたくなりました。

ドテラ社の講義では、いつも名前は聞くものの、エビデンス的なものの紹介はなく、インターネットで調べてもイギリス式やフランス式のちょっとした歴史の紹介はあれど、どれも答えにつながる有力な情報源はありませんでした。ドイツ式になるとほとんど情報がなく、そもそもどこからこんな言葉が出てきたのかすら思うようになりました^^;

この疑問が解決されたのはアロマ界の革命家とも言えるジェード・シューツさんのブログと彼女のクラスを取った時でした。ジェードさんは以前、ノースカロライナ州で独自の学校(East West School of Aromatic Studies)を開いていましたが、今では様々なアロマセラピストやハーバリストと協力し、今ではニューヨーク州のNew York Institute of Aromatherapyと合併し、New York Institute of Aromatic Studiesとスクール名を変えて活動しています。個人的に、2014年のドテラ社訪問のブログ記事は本当に感動しました♪ 彼女は30年近く前に、アメリカでアロマセラピーマッサージに感銘を受け、その後イギリスに渡りアロマセラピーを学び始めます。その後アメリカに戻り、アロマセラピーを伝えながらも学校に通い、ハーバリストとなります。その後も学ぶことは辞めず、フランスに渡り、フランスでのアロマセラピーの在り方を学び、そこからハーブ界の人々と多くのコネクションを作ります。今ではアメリカに戻り、独自の学校で教える傍ら、まだご自身も更なる追求をするため生徒として学んでいる、というアロマやハーブに対する素晴らしい情熱をお持ちの講師です。

さて、英語圏では~式というのをModelという言い方をします。フランス式=French model、イギリス式=British または English modelといいます。彼女のブログでは、ドイツ式というのも聞いたことはありますが、フランス式と同じ思考で行われている、と言及しています。これはどういう意味なのか。まず、イギリス式についてこのように書かれていました。

”The English model utilizes applied kinesiology, iridology, and/or reflexology as its diagnostic tools and massage or the external application of essential oils as its treatment strategy. イギリス式は、キネシオロジーや虹彩学、そしてリフレクソロジーを診断材料に、マッサージや精油の塗布使用を治療法とすることで生かされてきた。”

そしてフランス式については、

”The French model, on the other hand, is based more on the concept of infectious disease or other biomedical concepts of disease. For French herbalists (and a growing group of English and American herbalists) utilizing essential oils, pulse diagnosis, iridology, muscle testing, etc. are used as their diagnostic tool/s and both external and internal applications of essential oils are used in their treatment strategy.反対にフランス式は、感染症などの生体医学を中心としたコンセプトにしている。フランスのハーバリストは、精油や脈診、虹彩学、筋テスト、筋力テストなどを診断材料にし、更に精油の塗布使用と飲用使用両方を治療法としている。”

この記述によれば、イギリスでは飲用使用はしないものの、治療目的に精油を使用していたことは見て取れます。イギリス式は精油を、自然療法やホリスティック療法の一環として使用していると言えます。フランス式になるとより医療的な考え方であると言えます。それ故、より専門的な知識を既に持った上で精油を使っている印象を受けます。その後受けたクラスで、フランス式アロマセラピーの歴史は、ガットフォセの話が出る1910年よりも前に遡ることを知ります。フランスでは1800年前後の頃、パリは医療界のメッカとも呼ばれるほどで、病院の近くに学校が建てられるなど、医療界の発達が目覚ましかった。そして1880年ごろからフランスでは生体医学の研究で精油が使われていて、精油は医療界によってコントロールされていました。つまり、一般の人が精油を使うことは、精油の使用が危険だから素人は使えない、というのではなく、フランスの法律で精油の使用が取り締まられていた、ということなのです。その後、ガットフォセの事件が起きたり、フランスの医師や研究者が精油に関する書物を出版しますが、どれも生体医学での精油の使い方や効能について書かれたたものばかりなのは、そういった法律により一般の人が精油を使うことがなかったからでもあります。

そして、フランスの看護師であるマルグリットモーリーは、精油は生体医学の治療法に使うだけでなく、ホリスティック療法として使用することを作り出しました。フランスでは精油の扱いが医療界にコントロールされているので、彼女はイギリスでこの方法を広めます。これがイギリス式アロマセラピーの発祥です。彼女は精油がスキンケアや慢性的な病気などの治療にも役に立つことを広めます。ですので、イギリス式が美容のみに使われるというわけではないのです。フランスでは現在でも薬局で精油がOTC薬として売られていますが、だからと言ってフランス人が皆精油を飲み薬として使用しているわけでもありませんし、お医者さんが皆精油を使うわけでもありません。

イギリス式、フランス式、のアロマセラピーのモデルは実際に存在していますが、その歴史を辿ると、現在流れている噂とはちょっと意味が違うことが分かりますね。どちらのモデルも良し悪しがあり、イギリス式=塗る、フランス=飲む、でもなければ、フランス式>イギリス式の公式も当てはまらないようです。また、アロマセラピー反対派の意見としてよく聞く、フランス式の精油を飲む行為は医師などの専門家のみができることだ、と考えるのはおかしな話で、きちんと精油の特徴を把握し、安全に使用すれば、どちらのモデルも一般人が行うことはできるのです。

You may also like